日常

計画を立てるときに必要な〇〇

山川奈緒子 中国語 広島

 

年末が近づくと、
来年の手帳を探してみたり、
一年を振り返ってみたり、
目標を考えてみたり。

 

ついつい「今」よりも
「未来」にばかり視点が動かされがち。

 

なんだか未来のことばかり考えて、
今を大事に過ごせていないな〜とか
ふわふわ過ごしているな〜とか。

 

年末は、そんな風に感じる季節。

 

でもね、ある時ふと思ったんです。

 

年始に立てる目標って
大体は一年(12ヶ月)でイメージ
(または計画)していたんです。

 

でも何か目標を達成しようと思うと、
PDCAサイクルと言われるように、
計画(Plan)して、行動(Do)して、
その結果を確認(Check)して、さらに次の一手を打つ(Action)
という流れが基本。

 

だとすると、年末って

①今年の目標のPDCAサイクルを回すこと
②来年の目標を計画(Plan)すること

この二つを同時にやらないといけない
めちゃくちゃ忙しい時期じゃないか!!!
と思ったんです。


(あくまで計画を立てるなら、ですが。)

 

 

だから最近私が取り入れているスタイルは、
「あらかじめバッファを設けて計画を立てる」
ということ。

 

ちなみにバッファとは、
私も最近知った言葉なので
上手に説明してくれるサイトから引っ張ってきました(笑)

 

「バッファ(buffer)」とは、日本語で緩衝(かんしょう)のことです。
「バッファー」と呼ばれることもあります。

ビジネス用語としては、とりわけ「時間」に関する場面で使うことが多く、納期にゆとりを持たせたり、余裕のあるタイムスケ―ジュールを設定するなど、「ゆとりがある」「余裕を持たせる」といった意味で使われます。

マイナビニュースより一部抜粋)

 

つまり、計画を立てるときに
最初から余裕を持ってスケジューリングしておくのです!

 

例えば1年で達成したい目標なら、
「10ヶ月で達成する計画にしておく」とかね♪

 

仕事では当たり前のようにできている方も
多いのかもしれませんが、
「自分のためだけの目標」になると
ついつい後回しになったり、計画倒れしたり。

 

でも誰の人生でもない、自分のためだからこそ!

 

計画も立てながら、
現在地も確認しながら、
自分のために投資する時間を
積み重ねていきたいものですね♪

 

いつも計画だけ立てて、
最初のやる気がしぼむと続かない・・・
という方にはおすすめです!

自分のやる気も、丁寧に扱いましょう♪

 

▼Information▼
インスタグラム、Instagram、山川奈緒子、コーチング、広島、島根、東京

 

山川奈緒子、LINE@、コーチング、広島、島根、東京

 

アメブロ、アメーバブログ、山川奈緒子、コーチング、広島、島根、東京