コーチング

コーチングとは?

コーチングコラム、山川奈緒子、広島、島根、東京

 

“コーチングで求められるのは
アクセルを踏ませることより
「ブレーキを外す」こと”

 

 

先日開催した、銀座コーチングスクール広島校の
コーチングクラスで代表コーチが言われていた言葉です。

 

 

私もずっと行動できず、
そこからコーチングのおかげで成果を出せた人間なので、
この意味がよく分かります。

 

 

なぜこんな話になったかというと、
先日のクラスで「あなたにとって、コーチングとは?」
をテーマに話をしていたから^^

 

 

私もいろいろと浮かびましたが、
その後もいろいろと考え続け、
先日ふと思いついた「もの」。

 

 

それは、
コーチングとはロケットみたいなものだなと。

 

 

コーチはセッションの中で、

クライアントはどんな自分でいたいのか?
理想って、具体的に何だろう?
それを叶えるためには何が必要だろう?
なぜ叶えたいんだろう?
…など、クライアントが行動するための「質問」をします。

 

 

ロケットが
どの方向に打ち上げるのか?
どれぐらい距離があるのか?
を計算しながら「目標を定める」のと同じ。

 

 

コーチングでは目標が決まれば、
次は行動を決め、毎週セッションをしながら
「できたこと、できなかったこと」を検証し、
理想をかなえるためにサポートをします。

 

 

時にはコーチの質問により、
クライアント自身も気づいてない答えが見つかり、
それが大きな起爆剤となって行動が一気に加速することも。

 

 

ロケットでも最初は発射台で自立をサポートし、
二段階、三段階ロケットのように
すこしずつ加速をしていきます。

 

そのうち軌道に乗ると、
今度は「スイングバイ」と言って、
月の引力を利用して加速する方法があるそうです。

 

 

まさにコーチは、
少しずつ「自律して行動する」ためのサポートを行い、
時にはコーチの質問によって
「自分でも気づいていないこたえ」を見つけられ、
引力を活用するように「無理なく加速する」

 

 

コーチングってそんな風に
「ロケット」みたいだなと私は思いました^^

 

 

もっと詳しく、そして直接コーチングについて説明&体験していただける
<銀座コーチングスクール広島校・無料体験講座>もありますので

◆コーチングがどう活きるのか?
◆あなたの生活にどう活かせるのか?

そんなことを体感しにいらしてください♪

 

 

 

▼ Information ▼

 

山川奈緒子、LINE@、コーチング、広島、島根、東京

 

 

facebook、フェイスブック、山川奈緒子、コーチング、広島、島根、東京

 

 

アメブロ、アメーバブログ、山川奈緒子、コーチング、広島、島根、東京

 

 

インスタグラム、Instagram、山川奈緒子、コーチング、広島、島根、東京